カチオン電着塗装RoHS対応

Cation Electro-deposition

黒色の高耐食塗装(鉛フリー)

カチオン電着塗装は、導電性のある水溶性塗料を入れたタンクに、被塗装物を浸漬し、これに直流電流を通して、被塗物側に塗膜を析出させ、硬化させて優れた塗膜を得る塗装方法です。均一な膜厚に塗り残し無しに塗装でき、塗膜のタレ・ワキ・溶け落ちもありません。 この上から塗装を行えば、防錆効果が上がります。

その耐食性は塩水噴霧試験700時間以上でもスクラッチ部にわずかな腐食が発生する程度で、塗装面の腐食は皆無です。 全工程が全自動ラインによる稼動ですから、焼付け塗装や静電塗装、粉体塗装よりもコストメリットでご提供します。

しかも、従来のカチオン電着塗装では 微量成分として鉛を含有しておりましたが、当社ではELV・RoHS指令を見据え、鉛フリーの電着塗装を実現しておりますので、安心してご採用いただけます。

カチオン電着塗装

主な仕様、応用例
塗膜の性質:
硬度2~3H(鉛筆硬度)、膜厚15±3μm。(20μmの規格対応も可能)
対応素材:
鉄系
対象部品例:
自動車部品、OA機器部品、家電部品、通信機器部品、建築部材 など

ページの上部へ戻る